:犬の病気や症状、犬の食べ物、犬の事をもっと知りたい!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の肥満

犬の肥満

犬の肥満について考えた事はありますか?
うちの子は他の子に比べそんなに太ってはないから大丈夫・・・
と思い込んでいませんか?

ウエストのくびれがなかったり、背中の骨を触ってもなかなか分からない事はないですか?
某メーカーの調査では、体脂肪率が35%を肥満とした時、犬の4分の1が肥満傾向にあるという結果が出ているそうです。

我が家でも一ワンだけ気にはなっているので、注意はしていますが、皆様のお宅のわんちゃんはどうでしょうか?

犬の肥満は様々な病気の引き金にもなり、例えば「糖尿病」です。
他にも体重の増加は間接に負担がかかったり、「椎間板ヘルニア」や皮膚の抵抗力がなくなり
「皮膚病」になりやすくもなります。ホルモン分泌にも影響が「生殖機能が低下」するとも言われています。

しかし、問題はどう太らさないで済ますか。。
太ったあと、どう対処しようか・・・・です。
愛犬の為に出来る事を少しずつでも始めてみましょう。

まずは愛犬の体重を計りましょう。
人間の体重計にわんちゃんだけを乗せるのは難しいですから、飼い主さんが抱っこをして計り、その後に飼い主さんだけの体重を量り、差し引きしたら愛犬の体重は出てきますね。
我が家では4ワンもいますが1.2ヶ月に1回は体重を計っていす。

ご飯は、パッケージに書いてある量を超えないようにしましょう。
ご飯とご飯の間におやつタイムがある場合は、それも考慮して減らす必要もあります。
我が家は1頭に一皿づつ、それぞれに合わせてあげています。

犬の散歩は、排泄タイムでもありますが、時間があれば排泄タイムが終わったらクンクンする時間を与えないように、しっかり歩行しましょう。
帰ってきたらお水をたっぷりあげてくださいね。
あ!夏場はアスファルトは暑くなるので、日中の散歩はさけましょう。
肉球が火傷します!!


うちは、肥満気味だったワンコにこれをあげていました。
モニター応募で当選してから半年くらい続け、1.5kg減りました。
花王ペットケア ヘルスラボ ドッグフード シニア ふつう粒 3kg


犬の心臓病・アトピーに獣医師と開発した本物サプリ「パンフェノン」


未分類

犬の病気 乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍とは・・・

いわゆる乳がんですが、転移、再発をする腫瘍は悪性ですが、乳腺腫瘍は良性もあり、割合的には半々になるようです。
犬の乳腺(乳)は5~7あり、どちらかというと、後ろの方に発生する事が多いようです。
犬の乳腺腫瘍は中年期から見られますが、だいたい7歳からだと言われています。
うちのジェイの陰睾丸が腫瘍化(悪性)したのは9歳を過ぎてすぐでした。

腫瘍は最初の頃は小さくてそう簡単には大きくなりません。
お腹を触って明らかに確認確認出来る頃にはかなり大きくなっている物です。
大きさはソフトボールくらいまでなる事もあるようです。

犬の乳腺腫瘍は悪性だった場合、肺や卵黄にも転移しやすいので、早期発見、早期治療が大切なのです。
ですから、日頃から犬のお腹を触ってなでてあげる事が大切になってくるのです。
私のように気づかずに後悔してしまってても「後悔先に立たず」なのです。(泣)

メス犬が乳腺腫瘍になる確率は、不妊手術の有無にかかわらず、7~9%なのですが、初発情前、つまり生後6ヶ頃までに不妊手術を受けた場合、発生率は1%以下になります。
初発情後2回目の発情前に手術した場合は、4%以下です。

まだ、小さい子犬に対して、お腹にメスを入れるなと、自然のままで良いのだと言う飼い主もいます。
少しでも飼い犬の病気になるリスクを少なくしたいと思う飼い主も、います。

かわいい犬の避妊手術をするも、しないも飼い主さんも気持ち一つです。
何よりも、幸せな犬生を、願います。

犬が食べたら危険な食べ物

犬が食べてはいけない食べ物は?

犬が病気になるの原因は、人間が与え続けている食べ物から発症する事ってあるんです。
犬は、ネギやイカなど食べてはいけない物があります。ペットを飼っている人なら分かっているとはおもいますが、犬が食べてはいけない食べ物って意外と多いんですよ。
全ての物が食べたら死んでしまう。と言う訳ではありませんので誤解のないようにお願いいたします。

まずは、ネギ類
長ネギやタマネギは白血球を破壊し、貧血や血尿を起こし、食べ過ぎると内臓疾患になりますので注意が必要です。
加熱しても有害なアリルプロピルジスルファイドという成分は無くなりませんので、加熱しているからと人間の残り物をあげたりしないでくださいね。


そして、チョコレート
チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は心臓を刺激したり、下痢、嘔吐を引き起こします。
急性心不全を起こし死亡する事もあります。

上記は絶対にあげないでください!!


イカやタコの生の物は消化が悪く嘔吐していまいます。

消化器を傷つけやす物(鶏の骨、魚など)

生卵(白身が生では特によくないので、しっかり熱を通してください)

ジャガイモの芽にはソラニンと言う毒が含まれているので、ジャガイモを与える時はよく取り除いてください。

糖分の多いもの(ケーキ・ビスケット・アイスクリーム・チョコレートなど)
ちょとくらい・・・・と、物欲しげな犬の目力に負けてあげないでくださいね。
人間にとってはちょっと・・でも、体の小さなイヌには大量の糖分摂取になりかねないんです。肥満予防の為にも気をつけてください。

唐辛子やカラシ、ワサビ、こしょうなどの香辛料
胃が麻痺したり、下痢をする場合があります!

コーヒーや紅茶
不整脈などを起こして危険なのでカフェインを含むものは避けましょう。

塩分の多い食べ物
人間用で加工されたもの(ベーコンやハム、ラーメン、ポテトチップスなど)


犬の食べ物に気を使いすぎなくてもいいと思いますが、過剰に人間の食べ物(味が濃いもの)を与えないようにしましょうね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。