犬の病気や症状、犬の食べ物、犬の事をもっと知りたい!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の為の栄養

餌の種類は豊富すぎる・・・

犬、猫の餌の種類は何十種類とあります。
そんな中で、私たちは自分のペットにあった餌を探すのはとても大変です。
栄養は?カロリーは?etc・・・・考えますよね。。
市販の物は、不安だからと手作りされる方もいます。

一昔前の犬や猫は、人間の残り物をあげていました。
それで良かったし、知識が無かったからです。

でも、今は違います。餌の進化のおかげで犬、猫の寿命も伸びてきました。
我が家の猫は16歳になりますが、ジャンプをしたりとても元気です。笑

★★少しでも、気をつけてあげたい事を載せておきましょう

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
肝臓はとてもだいじな役割をしております。肝臓にかかる負担を少なくして、健康な肝細胞が増えて肝機能を元に戻すことが期待できる臓器なのです。
肝細胞の再生に必要な主なものは、タンパク質とエネルギーです。しかし、必要量以上のタンパク質を与えたり、消化の悪いタンパク質だったりすると、かえって肝臓に負担をかけてしまうことがあります。ですから消化性の高い良質なタンパク質を適量に与えることが大切なのだそうです。

また、食物線維やゼオライトなどは、消化管内で発生したアンモニアやその他の毒性物質などを吸着してくれるので、肝臓の負担を軽減することが期待できます。

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

選べてますか?愛犬、愛猫のベストな食事

愛犬、愛猫にとってベストな食事を選べるようになる

ロイヤルカナンの無料栄養学講座




療法食最新ランキングはペットビジョンで公開中!





  ★★愛犬の健康を守る方法は
「本来の犬の食生活」にありました。愛犬の健康を守る方法は「本来の犬の食生活」にありました。>★★  
                             
  ナチュラルフィーディングの原則に基づいたドッグフードの決定版。
     『ナチュラルドッグフード ラム』をオススメします!


大切な愛犬だからこそ、こんな風になってもらいたいと思いませんか?

◎ご飯をよく食べるようになってもらいたい。
◎ウンチの状態がよくなってもらいたい。
◎フケが出ないようになってもらいたい。
◎引き締まった身体になってもらいたい。
◎きれいな毛艶になってもらいたい。

そんな願いを叶え、あなたの愛犬の健康を守るために、
ドッグフードを見直してみませんか?

愛犬の健康を考えるなら、添加物を一切使用しない
100%ナチュラルな素材を使用した
『ナチュラルドッグフード ラム』をオススメします!
栄養の吸収が高く、1日に与える量が他のドッグフードに比べて
ぐんと少なくてすみます。
プレミアムドッグフードの中でもきわめてお手頃で、
無理なく続けていただけます。


▼▽▼『ナチュラルドッグフード ラム』▼▽▼
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U5IHO+HV0XE+3J8+BZ0Z7

◆────────◆────────◆
大切な愛犬の健康のために
本来犬が必要としていた野生の食事を!
◆────────◆────────◆

愛犬にもっともふさわしい食事、
その答えは「ナチュラルフィーディング」にありました。

ナチュラルフィーディングとは、動物保護の意識が高い
ペット先進国であるイギリスで提唱されている考え方です。
本来犬が必要としていた野生の食事を再現し与えることで、
犬の自然治癒力を高め、健康リスクを回避することができます。


ナチュラルフィーディングの本場イギリスで生まれた
100%天然素材『ナチュラルドッグフード ラム』は、
愛犬が本当に必要としているものを
与えられるように調整を重ねてきました。

◆────────◆────────◆
最高品質のフードを続けていただくために
便利でお得な「定期コース」をご用意!
◆────────◆────────◆

「ドッグフードは重くて買いに行くのが大変…」
「うっかりフードを切らしちゃった!」

そんな飼い主様のお声を聞き、私たちは「定期コース」をご用意しました。

『ナチュラルドッグフード』の定期コースなら、
ちょうどフードが切れる前に、ご自宅まで直接お届けいたします。
フードの個数やお届け周期は、
愛犬の食べるペースに合わせて自由に調節していただけます。


さらに、今ならうれしいプレゼントつき!


◆「定期コース」をお申し込みの方へ!◆
今だけ、ドッグフード専用の
かわいい密閉クリッププレゼント!

▼▽▼『ナチュラルドッグフード ラム』▼▽▼
↓↓↓詳しい内容・お申込みはこちらから↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U5IHO+HV0XE+3J8+BZ0Z7


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イギリス産100%天然素材のプレミアムフード
----------------------------------------------
【NDF ナチュラルドッグフード】

東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル5F
TEL:0120-726-210 FAX:03-5289-0735
E-mail:info@naturaldogfood.co.jp 定休日【土・日・祝】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

動物病院Q&A

動物病院のQ&A 検査について

愛犬が病気やケガをした時に治療の他、予防接種や定期検診、
犬の健康を保つ為に、飼い主にとって病院との付き合いはかかせません。

しかし、獣医師からすすめられる事や病院で行われて事について
よく理解していない事も多いのではないでしょうか?

ここでは、Q&Aスタイルで理想的な病院とのつきあい方や動物病院で出来る事をまとめてみます。


Q1動物病院の検査って何の為にするの?

A:獣医師は飼い主から聞いた症状などの報告をもとに大雑把なイメージから循環器系疾患 や泌尿器系疾患といった3~5つのカテゴリーにしぼります。
そして、犬の身体検査をし皮膚や筋肉、目の色、体温、心拍数などもろもろのデータをもとにいくつかの病気に絞り込みます。

それを踏まえて行うのが検査なのです。

なんの裏付けもなくやみくもに検査だけをしても、病気かどうかが分かる訳ではないのです。


Q2検査ってどんな検査?どんな事をするの?

A:膨大な種類の病気の中から病気を絞り込むのは難しい作業なのです。
まったく違う病気なのに、同じような症状を示す事もあります。

病気には沢山の系統がある。どの系統に問題があるかをとらえる検査をスクリーニング検査と言います。
これが一般の動物病院の院内で行う検査は、ほとんどがこれに当たります。
  
検査においては大雑把なものから始め、傾向が絞れてくるにつれて細かな検査に移ります。
検査の基本は便と尿、そして血液検査です。
これでかなり病気を絞り込む事が出来ます。


*便検査*
どんな病気においても、必ず行う通常検査。
色や硬さ、内容物から消化機能を確認する。
また、顕微鏡を使って腸内の微生物の活動を調べる事でも消化機能がわかる。
また内部寄生虫の有無も確認出来る。


*尿検査*
オシッコの検査も通常検査の一つ。
泌尿器系、肝臓系、糖尿などがわかる。
尿の比重やpH値、またタンパク質、糖などの成分を調べるペーパー検査、
尿の細胞成分や結晶などの染色して顕微鏡で調べる尿沈査の2種類がある。


*血液検査*
1:CBC検査
いわゆる血液一般検査で完全血球計算とも言う。
血液中の赤血球や白血球、血小板、ヘモグロビン、タンパク質の濃度やバランスなどを計る。
炎症や貧血とその種類、白血病などの血液の病気の他、高タンパク血症や低タンパク血症、骨髄の衰弱度、血の止まりやすさ、またフィラリア症かどうかなどがわかる。

2:血液生化学検査
血液中に含まれる酸素や代謝物質、ミネラルなどを推定し、肝臓や腎臓など、さまざまな臓器の状態を評価する。
検査項目は20種類以上あり、機械に入れるパネルに入れる試薬のスライドを何枚組むかで調べる項目を調整する。項目の種類が増えると検査料金も増える事になります。


Q&Aは、まだまだ続きます。。お楽しみに。

動物病院


犬の保険

犬の為の栄養

愛犬が病気に負けない体のための栄養

愛犬の為のために栄養を考えよう!
この5つのキーワードで健康な体を維持させる。

ペットが病気に負けない体を作る

タンパク質=丈夫な体を作り、抵抗力を強化させる
含まれる食材ー鶏肉、牛肉、豚肉、卵、イワシ、アジ、タラ、マグロ、鮭、豆乳、豆腐、大豆、乳製品

ビタミンA=粘膜の強化、病原体の侵入、感染症を予防
含まれる食材ー鶏レバ、卵黄、ウナギ、のり、春菊、人参、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ

ビタミンC=免疫機能をサポート、細菌やウイルス、感染症の予防、抗ストレス
含まれる食材ーブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、トマト、かぼちゃ、ほうれん草、果物、

ビタミンE=活性酸素の除去、血行促進、老化防止
含まれる食材ー植物油、イワシ、かぼちゃ、ごま、アーモンド、アボカド

βグルテン=免疫力の強化、抗がん作用
含まれる食材ーシイタケ、しめじ、まいたけ、えのき

ペットの賢い脳を作るための栄養

DHA/EPA=脳細胞を活性化、精神の安定
含まれる食材ーアジ、サバ、ウナギ、マグロ、ブリ、さんまなどの主に青魚に多く含まれる。

タンパク質=脳の働きを高める
含まれる食材ー鶏肉、牛肉、豚肉、卵、イワシ、アジ、タラ、マグロ、鮭、豆乳、豆腐、大豆、乳製品

糖質=脳や神経の働きを正常に保つ
含まれる食材ー白菜、玄米、はとむぎ、うどん、そば、小麦、さつまいも、果物

ビタミンB1=糖質の代謝をサポート
含まれる食材ー豚肉、鶏レバー、鮭、イワシ、玄米、大豆、納豆、豆腐、いんげん、ほうれん草

ナイアシン=脳の神経伝達物質の生成、脳神経の働きをサポート
含まれる食材ー鶏レバー、鶏肉、豚肉、アジ、カツオ、玄米、ピーナッツ、乳製品、緑黄色野菜


こうして改めて食材を見て、思いませんでしたか?
自分たちのおかずをちょっとイヌに分けるだけで、ヘルシーだし、安心だし、手間は変わらないと。。。

イヌのご飯、ドライを否定する訳ではありませんよ。
うちの愛犬達も、ドライをあげてる事の方が多いですし。
でも、気づいてしまいました!(笑)

ちょっとの手間なんですよね・・・

次回は、愛犬が食べてはいけない物もありますので、それを紹介していきますね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。